「紺屋の白袴」ということわざがありますが、染物屋さんが商品の着物を染めるのに忙しすぎて 自分の着物は染めず白いままで来ているという意味の通り、ホームページの制作会社も人のものを作っていると自分のことをやっていられないほど忙しいということなのでしょう。

ただ本当にそれだけが理由でしょうか。長年コンサルタントをやっている中で、多くの制作会社と仕事をしてきましたが、その疑問に答えるいくつかの点に気が付きました。それは「そもそも自らのメディアを作る気が無い」という会社が多いという事です。

ここが重要な点であることに気が付かれた方もいらっしゃると思いますが、多くの制作会社は作るためのノウハウは豊富でその道においてはプロなのですが、運用する(すなわちマネジメントしたり、プロモーションしたり、自ら能動的に思考すること)を毛嫌いしていたり、苦手だったりするのです。

なぜこれが重要な点かといいますと、彼らに発注するクライアントには、制作会社のことを「WEBを成功に導いてくれるプロ」と思っている方がかなりの割合で存在しているからです。

期待することがいけないわけではありませんが、その両者の隔たりこそが後々衝突の原因になったり、プロジェクトが思ったようにいかなくなる理由なのです。

多くのクライアントはWEBがどのようなプロセスで作られていくかさえ知りませんので、運営に関わるところまでやってくれると期待していても何も不思議なことではありません。
制作側もただ仕事が欲しいからという理由で、こういう大事なことを伝えないケースが多々あるようですが、やはり受注側には業務範囲をしっかり説明する義務があり、発注側もその範疇の中で業務を委託していることを理解し、不足を補うことを初期段階からよくコミュニケーションを取っておく必要があるのです。

 

その他の関連記事

 

PAGE TOP