ホームページ更新でPVを5%ずつ増やす
ホームページのPVが横ばいでなかなか変化がでない。そんな場合に有効な方法をいくつかご紹介いたします。

まずPVについてご存じの方も多いかと思いますが簡単にご説明しますと、ホームページのページビュー数すなわち見られたページの累計のことです。
例えば1か月でトップページが1000回みられて、その他のページが4000回みられたとしたら、1か月のPVは5000ページビューということになります。
PVは同じ人が5回見にきたら「5回」とカウントされ、同じページが100回見られたら「100回」とカウントされます。すなわちその期間でみられたページの総和となります。

すなわち来訪者自体の数を増やす(ユニークユーザを増やすといいます)または、1人の来訪者が見るページ数増やす(ページ/セッションを増やすといいます)もしくは、その両方によってPVを増やすことができるということです。

来訪者を増やすために様々な施策がありますがよく言われるのが以下のような方法です。

1.サイト構造を再設計する
2.サイト内の導線を改善する
3.Facebookやツイッターと連動する
4.コンテンツを更新する
5.画像を多用する

上記の5つ以外にもいろいろあると思いますが、ここではよく言われるこれら5つについて考えていきます。

まず1と2は5%どころかもっと大きな改善がみられる可能性はありますが、サイトをリニューアルするという費用も掛かり大がかりな方法となりますので、今回のテーマである「5%」のPV改善の対象からは一旦除外いたします。

次に3について、これは結論から言うと是非やるべきです。もしあなたがFacebookやツイッターを利用されているようであれば、直ぐにでもおこなうことをお奨めいたします。FacebookやツイッターのようなSNSは検索エンジンからの集客より即時性が高く拡散力が強いので、その効果を比較的早期に実感することができるでしょう。

最後に4と5です。実は今回のポイントはここなのですが、その理由はサイトを大幅にリニューアルする必要がなく、新たな準備が比較的必要なくて済むところだからです。ただ一つだけ申し上げますと、1と2があまりに悪い状態や検索エンジンからペナルティを受けている状態などは、どうしてもまずはそこから改善をしなければ効果はでませんのでご注意ください。

それではまずコンテンツや画像を更新する場所について考えてみます。
1.新着情報
2.ニュース
3.製品やサービスの情報
4.キャンペーン・イベント情報
5.ブログやコラム
6.会社沿革、スタッフ紹介

あなたのホームページの種類によって、これらの中で適応できるものできないものがあると思います。これらの中で更新可能なものがあれば、積極的に更新を書けるようにしてください。その際に気をつけて頂きたいのは以下の3つです。
1.閲覧者にとって有益な情報であること
2.SEOに引っかかりやすいキーワードを埋め込む
3.できるだけ頻繁に更新する

これらのことを実践して頂くことで、少しずつでもPVの底上げが実感できると思います。また上記以外にも、以下のような有効な方法があります。それはホームページに「季節感を持たせる」という方法です。この方法は閲覧者に2つの効果をもたらします。一つはリアルに季節と連動していることにより非常に更新性が高いホームページであることを「直感的」に感じてもらえるということ。もう一つは中のページに対する「期待感」を持ってもらえるというものです。

具体的な方法としては看板画像やイラストなどを季節感のあるものに変えるというものですが、これはインプレッション操作に過ぎませんので、更新がきちんと行われていること状態ありきの「潤滑油」だと考えて頂いた方いいでしょう。


 

その他の関連記事

 

PAGE TOP