最近、Googleウェブマスターツールに「モバイルユーザビリティ」というチェック機能が付いたのをご存知でしょうか。ウェブマスターツールはGoogleからのメッセージボード。おそらく今後の展開においてGoogleが何を考えているかそのヒントがあるはずです。さっそく当サイトでもチェックしてみました。
モバイルユーザビリティ

モバイル最適化は全くノーガードでしたのでこのような散々な結果でした・・・

ところで、なぜGoogleはモバイルユーザビリティのチェック機能をウェブマスターツールに設置したのでしょうか。答えは上記URLの詳細から確認することができました。内容を要約すると、「モバイルユーザは再来訪する可能性が高いから使い易いサイトにしておいてね」ということだそうです。かなりざっくりした表現でいまいちつかみどころがないがGoogleに関してはいつものことで珍しいことではない。ただ一つ言えることは、昨今コンテンツの質を重視しているGoogleは、ユーザビリティも質の一部とみなしているということのようです。

さて、Googleはこれとは別に似たようなユーザーエクスペリエンス改善ツールとしてGoogleDevelopersの中に「PageSpeed Insights」という表示速度改善ツールを提供していることをご存知でしょうか。「PageSpeed Insights」は単一ページでチェックやパソコン、モバイル双方のチェックができるようになっています。

【PageSpeed Insights】
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

早速こちらでもチェックしました。画像サイズや使っていないJSファイル、CSSの最適化、ブラウザキャッシュの活用、フォントサイズなどなどかなり細かなチェックリストが作られます。
PageSpeed Insights

近い将来、ユーザビリティの評価の高いページ(ユーザの滞在時間やページセッションが多い?)は検索アルゴリズムに良い影響を与えてくれるのかもしれません。

 

その他の関連記事

 

知って得するホームページ小技集

PAGE TOP