ホテル旅館の宿泊予約は、大手ASPが圧倒的な集客力を持っていますので、自社サイトで予約を受け付けるのはとても難しいことです。


しかし大手のASPも万能ではありません。多くの大手ASPはCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用しているため、受け皿が固定的で表現にも限界があります。そのためASP内部からオフィシャルサイトへのリンクも許容されていることが多いのがこの業界の特徴です。

それらを整理するとこうなります。

「ASPで表現できない部分を自社サイトで表現する」

1.より多くの写真で、ホテル・旅館の良さをアピールする。
2.ウェディング、イベントなど、宿泊とは直接関係ない情報を提供する。
3.近隣の名所や見どころなどを案内する。

こういうところを充実させると、大手のASPを介して、ホテル・旅館の魅力をアピールすることができるのです。

もちろんASP経由の予約は中間マージンも発生しますが、自社で予約システムを実装するとしたらそれなりにコストもかかりますし、顧客からみた大手ASP以上のメリットを用意する必要もあります。実現させるには困難なハードルに対応していかなければなりません。

 

その他の関連記事

 

PAGE TOP