雑誌、新聞、情報誌などのメディアを持っている企業様のWEB活用術です。

今では紙メディアの現行はほとんどDTPソフトで作られていると思いますが、DTPのデータはそのままWEBにすることができません。そしてPDFに落とし込んで、WEBにアップという方法ではWEBの能力を発揮することができません。情報を共有するにもそこには壁があります。


またマネタイズという意味でも紙メディアは今でも強い媒体力を持っているため、効果がなかなか出てこないWEBでは広告料を得るのもなかなか難しい状況で、WEBのために大きな投資はできないという状況の企業様も多いのではないでしょうか。

メディアによって目的は異なると思いますので、まず何を配信するかを明確に割り切ることをお奨めいたします。

1.紙メディアがあること自体の告知に留める
2.紙メディアの内容を無料または有料サービスとして掲載する。
3.WEB独自のコンテンツを用意して、相乗効果を図る

紙とWEBの情報を共有させる遠回りにみえて、一番近道な方法は紙にもWEBにも落とし込めるデータ管理を導入し、データ→紙、データ→WEBに展開する方法です。画像などはWEBは軽くしなければなりませんが、紙は重いデータが必要なので、データはそれぞれに管理する必要があります。

データ→WEBは比較的単純ですが、データ→紙は自動組版のツールを使って、DTPソフトに落とし込むのが一般的です。これらの実装により作業効率も格段に上がります。

 

その他の関連記事

 

PAGE TOP