ドメインを取得するにあたって、気を付けておきたいことがあります。

一般的なお話ですが、ドメインは事務管理をしている会社(レジストラ)と、技術管理をしている会社(サーバ会社)によって運営されます。お名前ドットコムなどは有名なレジストラです。サーバ会社によっては、レジストラの機能をもっているところもたくさんあります。

さてドメインは取得自体は非常に簡単ですが、移転が意外と面倒なのです。場合によっては登記簿が必要だったり、移管できない期間があったり、制限事項があったりと手続きが非常に面倒なのです。詳細は「ドメイン指定事業者変更」などで検索してみてください。


問題は次のような場合です。

ドメインを移転したくなるケースはあまりないが、サーバを移転しなければならないケースは時と場合によっていろいろあります。その際にサーバ会社で直接ドメインを取っている場合は、ドメインだけを残すことができず、レジストラも変更しなければならないようなケースも稀にあります。そういうケースに陥るとサーバを移転するために、レジストラ変更の手続きも必要で、かなりの日数を要することになり、サーバが重くなって移転を考えているケースなどの場合、長期にわたる機会損失も生みかねません。

そういうケースを避けるためには、レジストラとサーバ会社を分ける方法が手っ取り早いのですが、さらにレジストラの管理コンパネなどでDNSの向け先が自分で変えられるようになっていたら、サーバ会社も好きな時に変更でき、ドメインの向け先も自分で好きな時に変更できるのです。

また管理しているドメインが沢山ある場合にも、ドメインレジストラをひとまとめにしておけば、ドメインの有効期限や、管理状況などを一目でみることができます。

 

その他の関連記事

 

PAGE TOP